TOPメッセージ

 海外におけるシェアサイクルは、1995年コペンハーゲン(デンマーク)に首都として初めて導入され、
以降パリ、ニューヨーク、ロンドンなど世界各国の都市において、「環境改善」「渋滞緩和」「肥満解消 ・
健康促進」などの観点から大規模・高密度に展開されてきました。特に中国においては、2016年以降
Mobikeやofo等が1千万台以上を配置するなど爆発的な広がりを見せています。
 日本においては、2017年5月「自転車活用推進法」が施行され、自動車依存の低減による「CO2削減」
「健康増進」「渋滞の緩和」等の観点から自転車やシェアサイクルの活用が推進されてきました。
しかし現状では一部の自治体や民間企業によるコミュニティサイクル(レンタルサイクル)の小規模導入に
留まっており、その取り組みは諸外国に後塵を拝する形となっています。
 このような状況下、ecobike株式会社は、 政府の「自転車活用推進法」に定める“環境改善”に賛同し、
2018年3月福岡市でシェアサイクル事業を開始しました。以降10の自治体と提携し、37都市で展開して
います(2019年5月時点)。
当社はシェアサイクル事業を通して、上述の「環境改善」に留まらず、「来訪者等の回遊性向上」「放置
自転車の減少」「コミュニティの活性化」など多岐にわたり社会に貢献してまいります。

ecobike株式会社

所在地

〒100-0004
東京都千代田区大手町2-6-1 朝日生命大手町ビル3階

役員一覧

代表取締役社長 奥野里美
取締役 岩崎修一
取締役 結城耕造
監査役 富田保徳

top