東京五輪へと続く成長ロード 走り出す“シェアサイクル関連株”

最近、カーシェアリングならぬシェアサイクル(コミュニティーサイクル)がよく目につくようになった。IT技術の進化やスマートフォンの普及で、運営者・利用者ともに使い勝手の良いシステムが普及し始めたことに加えて、17年5月に、「自転車活用推進法」が施行されたことがきっかけとなり、シェアサイクルに取り組む自治体が増加していることも背景にあるようだ。

出典:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201805170597

コメントを残す

Your email address will not be published.

CAPTCHA


top